顎関節症と悪い噛み合わせはどっちの治療が先なの?


顎関節症は歯や顎の状態と密接な関係があります。
そのため、悪い噛み合わせのまま放置しておいては症状が悪化する可能性があるのです。
そこで、顎関節症に悩まされているなら噛み合わせの治療から始めてみましょう。
もし顎関節症の治療から始めたとしても、噛み合わせが悪いままでは根底の原因が解決していないので再発のおそれが払拭できません。
むしろ、常に顎関節症のリスクを抱えたままになってしまいますから、早めに噛み合わせから治しておきましょう。
まず、噛み合わせの状態がどのようになっているのか、クリニックで診断してもらってください。
歯並びだけではなく虫歯などが噛み合わせを狂わせているかもしれないからです。
そのうえで、医師と相談してどのような治療を進めていくか決めておきましょう。
なかには長期的な治療が必要なケースもありますので、必ず医師の指導に従って治療を受けてください。
噛み合わせの治療によって顎関節症の不安も無くしておきましょう。

カテゴリー: 顎関節症の治療費用はどれくらい? パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found